兵庫県西宮市甲子園にある、スピリチュアルヒーリング・ヘアサロン witch's kitchen(ウィチズキッチン)
ヒーリングで内面から、ヘアーサロンで外見を、髪も心も軽くなる、不思議なサロンです。ネイルチップスタンドchesstan(チェスタン)のオフィシャルもこちらです!

RSS

統合


昨日のつぶやきから、太陽と月の大きさが気になって、宇宙の大きさの動画を見た。


人間のカラダって小宇宙って言われてると言うか、宇宙そのものとはよく聞くんだけど、


宇宙の動画見ちゃったら、太陽なんて本当にちっぽけなサイズで、銀河系全部含めたって、めちゃくちゃ小さい。


そんなこと思ってた直後、たまたま瞑想してたら

面白いビジョンが出てきた。



なんかもう、銀河系全部が自分みたいな気がしてきて、これからは他の★とコンタクトをしないといけない気がしてる自分(銀河系)が居て、

めっちゃ壮大(-。-;  って圧倒されてしまった



他の星たちはみんな、自分で光を放っていて、なんかとっても自立していて輝いてた。


これからはそんな、とっても穏やかなのにパワフルで、圧倒的に存在感のある人達と繋がってみたいという欲求みたいなものが、自分の中で蠢いてる。



よく考えてみたら、子供に対しては多分、月にも太陽にもなれちゃってる自分が居て、

そっか。銀河系まとめて自分なんだな。って感じで落ち着いた。

それが統合ってやつなんだろうね。

よくわからないけど、そんなことを感じさせてくれる子供には、本当に感謝しかない。


2019-07-06 17:09:01

その存在感に、アピールは必要ない


美容室をオープンしたての、まだ20代だった頃、

朝から晩まで次から次に来てくださるお客様達に、

それがあまりにも不思議で、

「なぜここに来てくれるんですか?」

って聞きまくってた時期がある。


今思えば、自分の内側に自信が無さ過ぎて、なぜこんな私の所にこんなに人が来てくれるんだ??って言う

謎の意味不明さに恐怖があって、過剰に良い人やってたんだと思うんだけど、

10年前にヒーリングを受けてからはそんな思考もすっかりどこかへ行ってしまって、

今では落ち着き過ぎて  ゆる〜り ゆる〜り やってるうちに

とっても予約の取りやすい店になってしまった(^^;;



おかげさまで、今は全く身体の不調がなくなった。


あの当時は、お客様に心配されてしまうくらい身体がクタクタのふらふらになるまで働いていて、あのままのペースで行ってたら多分もうこの世に居なかったと思う。


仕事が楽し過ぎただけに、全くカラダの疲れを感じることが出来なくなっていたらしい。


今も変わらず仕事はめっちゃ楽しいんだけど、良い感じに加減を知ったんで

働かな過ぎだけど(-。-;)、

ちゃんとカラダを気遣えるようになりました。


最近知ったことなんだけど、アスペは4種類に分類することが出来るらしくて、

どうやら私はそのうちの「受動型」というタイプみたいで

人が言ったこと全部間に受けちゃうんですね。


誰かが悩んでると聞くと、全力で改善策を考えてしまう。


全く関係ない、初めて会ったような人にでも。


だから、近しい人に怒られちゃうんですね。

誰に対して親切にすれば良いのか、全く区別がつかないんですよね。



でも、やっとやっと、ちょっとだけわかった気がした。


私が   「会いたくなっちゃう人」  っていうのは、確実に存在したってこと。


って言うのも、「この人に会いたい」って言う感覚が今まで全く知らずに生きてきてしまってたんですよね。


みんな、なぜかわからないけど会いに来てくれる


みたいな感じだった。



めっちゃ仕事し過ぎてカラダがクタクタだった頃、

「ここに来たら元気チャージ出来る」

「お風呂みたい」

「太陽みたい」

「異次元」

みたいなことをイロイロ言われて調子にのってたんだけど、


それって今だから言えるけど、エネルギーを見事に吸い取られちゃってたんかな?(^^;;

まんまとやられちゃってました(笑)



多分もう、そんな自分は卒業したんじゃないかな。


かと言ってエネルギーの出し惜しみなんて絶対しないけど、

これからは、ちゃんとお互いが上手い具合にチャージ出来て、会うだけで良い感じに元気になれる方とのご縁がどんどん増える気がしてます。


一緒に居て疲れる人  (過去に居た)

一緒に居ても全然疲れない人  (今)

一緒に居るとなぜか元気になれる人  (これから)




私が仮に今も「太陽」という表現が合っているとすれば、

多分「月」みたいな人を求めているのかもしれない。


ただただ、ずっと同じ距離感で、優しく見守ってくれてる人?


普段あんま存在感ないのに(笑)

ふと見上げたら、いつでもそこで笑ってる。

それはそれは穏やかな、でも、圧倒的にスゴイ存在感。

あー。

そんな人に憧れる。

2019-07-05 13:52:01

教祖なのか師匠なのか


占いとかスピ系の人って宗教をどういう風に観てるの?

という質問があった。


本来、宗教っていうのは元々本当の覚者がいて、周りの何もわからない人達がその人の言ったことや行ったことを信頼し、ある程度実践しながら、さらにまだ何もわからない人達に考え方や行いを伝えていくものだと思うんですよね。

その信者のうち、一部のコントロール好きな人間が、教祖が死んじゃってることをいいことにどんどん教え自体を歪めていくことになっちゃったという背景は、とりあえず横に置いといて


一般的には、聞かれてもいないのにお節介しちゃうから面倒くさがられる。

宗教が煙たがられるのは、
ただそれだけのことなんだと思います。





じゃあそもそも覚者と教祖って何が違うの?って話なんだけど、


ザックリ言っちゃえば、どっちにしろ「見えない何か」と繋がってる人だと思うんですよね。

で、別に何も言わないけど真理を知ってる人が、何か聞かれたら言うよってスタンスに居ると単なる覚者で、「見えない何か」について教え始めた時点で、ハタから見たらそれって教祖だよねってことなんだけど、

自分から聞きに行ってる人からすれば、あくまでも「師匠」なワケです。

そこにコントロールがあるかどうかだったり、変な力をみせつけちゃったりで、いわゆる変な教祖感が出てくると思うんですよね。





だから、善し悪しは別として、占い師だって何だって、誰だって、何かと繋がっちゃえば、あっさり誰かの師匠や教祖になれちゃうと思うんですよ(^^;;

「何」とも繋がってない人達は、「何か」と繋がっちゃってる人を見ると全て、スゴイ人に見えちゃうわけです。

だって自分が見えないモノと話が出来ちゃってたり、自分のこと言い当てられたり、あまりにも未来が解っちゃうみたいな感覚が鋭い人の話って魅力的だったりするわけですよね。


それを怖がる人もいるけど、知りたい人にとってはめっちゃ聞きたいわけです。


私もそういうの大好きだった(^^;;

自分が見えないだけに色々聞いちゃう。


でも、そもそも その情報が一体「何と」繋がってるのかっていうのが一番重要な部分らしいんですよね。



ヤバイのと繋がってる人に付いてっちゃったら、当然ヤバイ方向に魂ごと連れてかれちゃうんですね。



実は、本当に声が聞こえたりするのはあまり良いものと繋がっているわけではないらしいんですね。


きっと、向こうもコントロールしたいから話しかけて来るんですよね(^^;;



あ、私はそんな、リアルな声聞こえてこないですよ(笑)

だから、ついつい興味本意で変なスピ動画見ちゃう悪い癖があるんですけどねー

師匠から見れば、私もいちいち本当に危なっかしいみたいです(^^;;




じゃあ、何と繋がれば良いのさ!ってことなんだけど、これはもう自分で「真理」を見極めてくしかない(-。-;

それって究極、自分の感覚を鍛えて磨いていくしか方法がないんですよね。

真理(見えない何か)をある程度解ってる人は、少なくとも周りの人からすれば覚者。

それをただ聞いて、闇雲に信じる事しか出来ないのが信者。


そもそも見えない人にとって、実態が無いものの実感なんてあるワケなくて

だから、信じるか信じないかみたいな話になっちゃうんですよね。

信者止まりにはね。



誰の意見も受け入れたくないというような、全く誰のことも信じられない人はそもそも覚者になるには一番遠い人なのかもしれないんだけど、当然、信じただけでは救われないんですよね。



とりあえず全員、自分自身に責任持って、成長(覚醒)し続けましょうっていうのが、魂本来の、ここに生まれて来た目的らしいんです。

信者じゃなくて、自分が神レベルの魂になる。みたいな。

それって変な意味ではなくって、神レベルの魂がそもそも誰かにコントロールされるワケないんで、究極、誰にもコントロールされない生き方しましょうって話だと思うんですよね。




結局、自分で自分の感覚を鍛えていかないと、ヤバイのと繋がってんだかマトモなのと繋がってんだか、いつまで経っても全く判断がつかないワケです。





だから先ずは、誰にもコントロールを受けない姿勢と、信じる対象を間違えないよう、気を付けなければいけないらしい。

間違っちゃうと、本当に遠回りになっちゃうらしいんですよ。



誰かをコントロールしたい人なのか、極力コントロールしないように細心の注意を払っている人なのかってことが、誰かに付いてく時に一番重要で、

そもそも宗教かスピリチュアル、占い師やカウンセラーってどーなの?って話ではないと思うんですね。




先ずは自分が相手をコントロールしようとしていないかどうかを気を配った上で、とことん自分自身の感覚を鍛えていくことが大切で、

本当に見極める力が備わってきたら、簡単にコントロールを見破れるはずなんですよねー。


私もやっとやっと、そこんとこ、理解出来て来た感じ。


あー。まだまだとっても遠い(~_~;)






2019-06-22 00:33:02

喜びのない笑顔


「何か面白いことないかなぁ…」って聞かれた。


客観的に見たら結構楽しくやってるのに、なんでそんなこと聞くのかな?と思って


「じゃあ、人と絡んでる時に爆笑してるのは何?どんな状態?」って聞いたら、


勝手に反応としてそうなるんだとか。


てっきりその人にとって「楽しい」って、人と絡む事だと思ってたんだけど、それとは全く違う事らしい。



「え?⁇? じゃあ何?楽しくないのに笑ってんの?」って聞いたら、

楽しいけど、面白くはないんだとか。


もう、衝撃だった。

そうか!楽しいと面白いは違うのか‼︎




で、

「どういう事を面白いって言ってるの?」って聞いてみたら

寝食忘れて夢中になれることが欲しいんだとか。





私は今まで、  楽しい   と   面白い   の区別をしたことがなかったんで、誰かと誰かが居て楽しそうに笑ってるのを目撃した場合、

てっきりみんな、ちゃんと面白がってるんだと思ってたんですよね。

でも、そうじゃなくて、暇つぶしの要素が多いらしい。



じゃあ、この人が面白いと楽しいをあえて分けているのは何で?って思って考えてみたら、


明らかに、   喜び    が足りないんですよね。


楽しいけど、そこに喜びがない。



今まで私は、  人が笑う時   って、喜び   を表現してる状態なんだと思ってたんですね。



例えば誰かが失敗して笑うっていうのも含めても、それは、その笑ってる人は人が失敗するのを喜んでるんだと思ってたんですよね。


とんだ見当違いだった?(^^;;



確かに、面白いって時に必ず笑ってるかといえばそうじゃなくて、どちらかというと、真剣な顔なんですよね。

そうか。好奇心が発動しないと面白くはないのか。



発見は、ただただ  喜びなんだ。

そして、喜びのない笑顔は、偽りなんだね。



結局やっぱり、何かに真剣に向き合う事でしか、幸せになれないのかもしれない。


とっても面白い気づきだった(´∀`)



2019-06-10 15:36:01

承認欲求から自己承認への切り替え時期


これからは、承認欲求が強いと、ますますしんどくなってしまう世界に入っている。



今までは面倒みたい人と面倒見てもらいたい人がお互い依存し合って成り立っていたんだけど、


面倒みたいタイプだった人も、いよいよ自分がヤバイことに気付き始めて人を助けてる場合じゃなくなってきている。


面倒見たいタイプっていうのは「こんなにしてやってるのに!」って怒ってたタイプですね。
これも、「誰かに必要とされたい願望」の依存ですね。




どっちの立場にしろ、自立をしない人は、トコトン苦しくなっちゃう世界なんですよね。


だから人を傷つける事件が、あっちこっちで発生する。これからもどんどんそういう事件が増えてくると言われている。



犯人になっちゃうような人は、とにかく誰かに気持ちをわかってもらいたい、超依存体質。



とにかくそういったことは自己否定感が強いことが原因なんで、とりあえずフラットになる位置まで自己肯定感を上げないと正常の心理状態には戻らない。


ただし、そのフラットな位置ってのがめっちゃ難しいんですよね。


何でかって言うと、


自己否定感がある人は、同じ程度の自己肯定感があって、もちろん逆も同じで、自己肯定感が強いと自己否定感も同じくらい強いってことなんです。




どういう事かというと、



自己否定感が強い人は、その思いが強ければ強いほど

「絶対自分が正しいんだ!みんな間違ってる!」って言いたくなっちゃうんですよね。

それが狂気の原因。



ある日突然キレまくる。過去の私もそうだった(笑)



そういう状態を世間では、振り子に例えられているんですよ。




自己肯定感と自己否定感の振り幅って、一定なんですよね。



しかも真ん中は一番速度が上がっててフラットな感覚を味わうことなく端から端まで行ったり来たり。



減速している場所では、感覚を認識出来ちゃうんで、だから極端に端と端しかないように感じてしまっている。






こないだ、「自己承認が大事」って話してたら、

「自己肯定感と自己承認って何が違うの?」って言う質問があったんだけど、



承認は、「。」って感じで、

肯定は、「!」って感じかな。


わかりにくい?(笑)





まさにその、「自己承認」って言うのが超重要で、

自己承認だけが、唯一、振り子を減速させられる要素なんですよね。





自己承認って言うのは、

自分をそのまま受け入れ、認めること。

承認欲求っていうのは

誰かに受け入れられて、認められること。




子供の頃にたくさん承認されていれば承認欲求を持つ可能性は少ないんだけど、世の中そうではなかったからね、今の世の中、子供のころ満たされなかった人達が、大人になってもなお、承認されたがっている。



ホントのところ、他人から承認されても自分で承認しても、どっちも振り子を徐々に減速させることは出来るんだけど、それを誰かに求めるのは、今後の世界ではとっても効率が悪いんです(笑)




始めに書いた通り、今、大抵の人は、みんな自分の面倒見るのが精一杯なんですよ。


しかもやっかいなことに、自分が承認してない状態で他人からの承認を得ても、もっと不安が大きくなるだけだったり。




要は、どっちにしろ自分で自分を受け入れるしかもう選択肢が残されてないんですよね。





そして、自己肯定感。それは、「絶対自分が正しい!」っていうやつです。

肯定感も否定感も、どっちにしろジャッジなんですよね。コレがそもそも依存体質の原因なんですよね。




肯定も否定も、もただの勘違いなんですけどね。それに気付けないと依存体質の振り子から一生抜け出せないどころか、どんどん速度が上がって、もう、グルングルン回っちゃうんじゃないかっていうところまで来ているんですよ。


多分その回転スイッチは2020年に入っちゃうんじゃないかな⁉︎  二極化ってヤツね。


回っちゃったら最後。自分を含め、一生世の中全員を否定しまくって生きなきゃいけなくなる。

それならいっそ、全員正しい!って方向に回しちゃったらいいんじゃないでしょうか(笑)





とにかく、自己否定感を持つ必要も全くなければ、変な自己肯定感を持つ必要もない。


ただただ、「みんなちがってみんないい」(by金子みすず) の精神で

何でもかんでも承認してたら、いつのまにかフラットを感じることが出来るようになってくるんじゃないかなぁと思うわけです(´∀`)





ただ、承認出来ない自分を感じてまた自己否定する無限ループ♾、ホント難しいんですけどね(笑)





ただただ、そんなダメダメな自分を一つ一つ、承認していけばいいんです。



肯定(それが正しい!)ではなくね。
否定(それは間違い!)でもなくね。

承認(そうなんだね。)程度にね。




そして、誰にも認められなくても、全く気にしない自分になれたら、マズローの言う、5大欲求段階の最終ステージに上がります。

とっても地道な作業ですけどねー(゚∀゚)。

いつか、地球人全員の振り子がちゃんと止まりますように…

アーメン(笑)



2019-06-07 15:22:01

前へ 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ