兵庫県西宮市甲子園にある、スピリチュアルヒーリング・ヘアサロン witch's kitchen(ウィチズキッチン)
ヒーリングで内面から、ヘアーサロンで外見を、髪も心も軽くなる、不思議なサロンです。ネイルチップスタンドchesstan(チェスタン)のオフィシャルもこちらです!

RSS

これからの「勝ち組」の教育 (笑)


人生を豊かにする上で、誰かにとって価値の高い人になる(高評価を得る)というのはとっても重要な要素だけど、


その提供する価値自体が、自分にとって価値があるものなのかというのが大前提だと思うんですよね。

[自分にとっての価値]というのは

[提供する価値]という意味であって、 

自分もそんなサービスがあったら是非受けたい!って感じのことですね。


間違っても[受け取ること]だけを目的にするのではない。


そういう意味で絶対マズイのは

変な物質をカラダに入れて莫大に儲けてる医者がいるとして、

患者は確かに一時的に良くなって喜んでるんだけど

提供している本人は

「そんな物質、絶対自分のカラダには入れたくないし!」って思いながら商売しているとか。

あくまでも仮定の話ですけどね^^;



そんなお金、受け取っちゃいけないし、提供すればするほど魂が汚れていく。



お互い、「知らなかった」では済まされないんですよね(^^;;



最近やっとそういうことが腑におちるようになってきた。



自分が提供できる価値が、



1、自分にとって価値が高いものなのか

2、誰かにとって価値が高いものなのか

3、世の中にとって価値が高いものなのか


っていう、3つに対する価値を考えて商売をしないといけないと言ったのは松下幸之助だったかな?

何となく昔から言われてると思うんだけど、

それプラス、

4、地球にとって価値が高いものなのか?

って言うのを含めた視点が、最近の流れになってきてると思うんですよね。



で、地球にとって価値が高いものって何かと言うと、

もちろん動植物含む「環境」ですよね。






まだまだ世の中的に大多数の人が

「お金があると幸せになれる」と思い込んでいて、

実際お金がある程度扱えるようになってくると

それはただの幻想の世界だと気付いてしまう。

「何不自由ない生活を送っているにもかかわらず、何故か心が満たされない」

という現象が起こってくるんです。

そう言う意味では、物質への価値感だけではもう既に限界がきてるってことなんですよね。




今の若い人たちは元々その感覚を持っていて、

価値のないモノに嘘っぱちの価値を付けて売り付けるみたいな商売をする会社に入っちゃうと、すぐに病んでしまう。


そして、「モノを持たない生き方」がナチュラルに備わっている。


欲しくても買えないのとは違うけどね^^;

でも、モノに執着しない代わりに

どれだけお金に困っても、

スマホだけは絶対手放せないという状態になっている子が多い。


環境汚染に繋がってるわけじゃないから物欲よりは意識が高いんだと思うんだけど、

誰かとただ繋がってるだけでは、何だかやっぱり満たされない。



要は、本質的な心の満たし方、関わり方を、まだ殆どの人が知らないんです。


ってことで、そろそろ「宇宙にとっての価値」を考えなきゃいけない段階に入ってきてるんですよね。



本質的に人の心を豊かにするサービスを提供出来ないと、

宇宙が価値をみてくれないんですね。


宇宙が喜んでくれるところに、良いエネルギーが流れてくれるらしいので、

常にそこを意識した発想を持つ 持たないでは、

心の豊かさに、相当「格差」が出てきてしまうんですよね。


心の豊かさに対する「負け組」にならない為にも、これからの「勝ち組」教育は「心」のことを学ぶしかないと個人的は思ってるんだけど、

小さな子供にはもう宇宙意識は備わってるんで、

現在  心が豊かでない「大人」こそ、心について学んでいく時代に入っているんだと思います。



心の豊かさに「格差」が広がっていくとすれば、

間違いなく

宇宙からどれだけ応援されるかにかかっています!(^^;;

奪い合ったり、依存し合ってる場合じゃないんだよねー


素敵な何かを交換し合える世の中に、

早くなれば良いのになー(´∀`)



2019-10-05 15:33:01

クセはクセでも


今日HP集客の営業さんが来て、検索キーワードのランキングを見せてもらったら、

「西宮市 くせ毛」みたいなワードで上位に入っているらしい。

その他はほとんど引っかかってないんだとか。

ヒーリングやスピリチュアルでも7位くらいだったかな?

ほんとはそっちをもっと伸ばしていきたいんだけどねー



でもやっと最近、スピアンチだった人にもちゃんと理論的にお伝え出来るようになったからか

変な反応をされることなく聞いてもらえるようになってきていて、


現在ヒーリングのクライアントさんも不思議な話に興味シンシンらしくて

やっとスムーズに、色々な質問に答えられるようになってきた感じです。


いよいよ楽しくなってきた(^^)


先日、甲子園口店で施術中に堺のお客様からご予約が入った時、堺店のことを聞かれたんで、

「15年以上通って下さってる方が多いのがもうキセキですよー」

って話したら、

「わかるわ〜。なんかここ、クセになるねん(笑)  変な言い方やけどー」

って言われた(^^;


常連さんにはほとんどマニアックな話しかしてないから、

確かに変人好きな人にはクセになっちゃってんだろうね( ^∀^)



世の中的にはまだまだ変人かもだけど、

いたって大真面目にしゃべってるからね(笑)


昨日はネイル講師の向井マキ先生とランチ行ったんだけど、

先生もいい感じに私と同じニオイのする人で、
共感しまくりでした。


あー  楽しかった〜


ライオンキングに出てくるヒヒのジーさん(名前知らないし内容詳しくないけど)

あの感じの変さって、何言ってんだか周りが理解出来ないから変に見えるけど、

私としてはそっち系だと思いたい(笑)


クセになる美容室。

それもイイね。


2019-10-03 01:51:01

無条件の愛って


なんか、とっても分からなかったことが、今日やっとわかった。


アスペの特徴として、

人の区別や、順位づけが出来ないというのがあるんだけど、

実際問題、本当に区別がつかない。


前にもどっかで書いたことあるかもしれないけど、
昔から、友達って言葉に違和感が凄くて、

ある日「友達って何?」って突然聞かれたとき

とっさに「人間」って答えた。

聞いた人はとんでもなくビックリしてて、それが逆にビックリしたから、そのことを思い出しては言ってしまう。




私としては「友達」って言うより「仲間」っていう言葉の方がしっくりきてて、

でも意味合いがやっぱりおかしいみたいで

「ヒト科」「ネコ科」「イヌ科」とかの意味でしか使ってなくて、


コレは「カバン」の仲間。みたいな。

コレは「食べ物」とか。



私にとってやっぱり人間は人間でしかなくて、
あえて分けたとしても

「宇宙人寄りの人間」、「地球人よりの人間」

みたいな。


「ポーチ寄りのカバン」、「トートバックよりのカバン」みたいな(^^;;

どっちにしろ何か入れるものだよねーっていう

ヤバイかな?

まだヤバイ?




でもね、多分こういう人、ドンドン増えると思うんですよね。

今の子供達は割と宇宙人寄りの人間だから。




あるお客様の子供さんが、私と雰囲気が似てるそうで、

ある日、その子(まだ小学生だったかな?)に対して言うことを聞かせる為に

「もうお母さん居なくなってもいい?」って脅してみたんだとか。


そしたら

「わかった。頑張って生きて行くわ。お母さんも僕が居なくても頑張って生きてな」

って真剣な顔で言ったんだとか。


で、怒ってることが馬鹿らしくなって吹き出しちゃったらしい。

お母さんがそう決めたんならそれでいい。って感じなんですよね。




宇宙人寄りの人間って基本的に

「みんな違ってみんないい」だから、

みんなお好きに生きて下さい。って感じなんですよね。

違うのが当たり前すぎて全部一緒っていうのかな。

一応それぞれ特徴とか違いはわかるんですけどね、

そこに優劣がないんですよね。


この人  赤いイメージ  とか  青いイメージ とか

そういう違いはあっても特別は無い。

しいて言うなら透明は特別なのかな。

透明ってほとんど居ないからだろうね。

その人の中に全部の色の光があるって意味で無色透明。

人間って実は光そのものだって言うからね。


超自然に存在してて、全く主張してないのに圧倒的に存在感がスゴイ!みたいな。

そういう人が居たら

そりゃあもう、神様でしょうね(笑)





そういえば「神様」って呼ばれてる人がいた。

奥さんに「好きな人が出来た」って言われて

「わかった」って言ってすんなり別れちゃった人。

実はめっちゃ好きだったらしいんだけど、

何で好きなのにすんなり別れちゃったの?って聞いたら「あいつが幸せならその方が嬉しい」って言ってた。

本気で。真顔で。


さすがに私はそこまでではないけど。

まぁまぁ、サッと身を引けちゃう。




親が子供を取り合いしたら、手を離す方が本当の親だって言うけど、

私は本当にそう思うんですよね。



こんな私にも、一人だけ「親友」と呼び合える子が居て、私の中で、その子の何が特別なんだろうって、ずっと思ってて、


今日やっとその答えがわかった。



その子、とっても神様だったんですよね(笑)



その子以外の人達は私に対して、

〇〇が笑ってくれてたらそれで良い。ってクチでは言いながら、

他の誰かと笑ってると凄く怒ってきたんですよね。

でも、その子だけは違ったんです。


本当に私が笑ってるだけで喜んでくれてた。

自分以外の誰と笑っていようが。




私の幸せを、とってもとっても願ってくれてたんですよね。

陰ながらね。本当に月みたいな存在だった。

あんなに信頼出来る人、後にも先にも居ないだろうなって思う。


あの子には、コントロールのない、純粋な「愛」みたいなのが備わってるんだと思う。


その子から「私を特別な存在だと思いなさい」っていう感じは一切感じられない。


だからこんな私でも、素直にその愛情を受け取ることが出来てたんだと思う。

一般的に親の愛情って無条件の愛って言われてるけど、ぶっちゃけ、全然そんなふぅに思わない(^^;;

親の言うこと聞きなさい!って言ってる時点でアウトでしょ(笑)



だけど、それで全然良いと思う。



だって、人間だもの(笑)



そういえば

「無条件の愛=神様」

って、誰かが言ってたな。


やっぱあの子は神様だったんだわ。


2019-09-11 20:40:01

お茶にマヨネーズ


今、めっちゃくちゃ忙しい。

というのも、突然湧いてきた話で、とあるイベントにネイルアートで出店することになったから。


何〜んも準備出来てないのに「出ます!」って言っちゃったもんだから

もう、わけもわからず勢い付いちゃって、


そのイベントのちょうど1週間後にある別のイベントにも出店することにした。


商品構成からパッケージ作り、説明書作りに動画作り…サンプルアート作りや商品の発注 などなど


やる事てんこ盛りで


いつにも増して、寝る時間がおかしなことになっていて、

今、お腹が空き過ぎてご飯を食べてるんだけど、



あまりにも頭が働かなくって

お茶にマヨネーズ入れそうになってハッとした。


あ、そうか。

口は顕在意識なのか!






最近私の周りの世界では、部屋が心の状態を表しているって言う事は当たり前に言われていて、


そういうふうに、身の回りのあらゆることが対応して考えられるらしいんだけど、


よく考えれば  味覚=顕在意識  と捉えられるかもしれないと思った。


前々から、お茶じゃなくて水を飲んだ方がいいよ。って、色々な方に言われてて、

どうせおなかで混じるのに、なんでわざわざ水にしなきゃいけないの?

何飲んだって一緒やん。って、

ちょっと余計な反抗してたんだけど、


お茶にマヨネーズ入れて飲むことを想像したら、


あかん。一緒違う…。    ってなった。


お茶にマヨネーズはさすがに刺激的過ぎてムリムリ。ってなるけど、

微妙な味加減は、全然分からない。


味覚が鈍ってるって事は、普段の何気ない感覚もちゃんと感じ取ることが出来ないんじゃないかと思った。



もしそうなら、喉から下が潜在意識って事で。





これからは何かを飲んだり食べたりした時に、

おなかでどう感じるのかを想像するキッカケになった。


食べ順ダイエットとか昔流行ったけど、おなかの中もも整理整頓必要なんかな?


言われた通り、とりあえずしっかり水飲んでみようと思う ^^;



2019-08-17 02:19:01

トラウマと解釈


こないだ子供が

「ママが後でお部屋入ったんやから、ママがドア閉めて!」

って言ってきた。




いつも子供のしつけは旦那が担当?していて、

会話が成り立つようになってきた3歳の頃から彼女は、

私 (ママ) にしつけ返しをするようになってしまった(^^;;



私はあんまり何にも気にならないタイプなんで、何をするにもいちいち子供に突っ込まれてしまう。


面白い反面、色んな意味で結構めんどくさい(-。-;




ただ、今回の「ドア閉めて!」って言われた時に

「何でドア開いてたらあかんの?」って聞いてみた。


そしたら、



娘「パパがドア閉めてって言ってた」


さらに


私「何でパパはドア閉めて欲しいの?」

って聞いたら



なんと



娘「パパはドア開けたいんだから閉めてあげないと開けれないでしょ?」


って言ってた。





解釈がすごい。



そうか…



何かを禁止されたり、「こうしなさい」「これはダメです」って理由も分からず言うことだけ聞いちゃうと、自分の解釈(フィルター)で観るしかなくて、結果、こうもズレちゃうんだね(^^;;



でも、それを聞いてとっても安心しました。



通常、何か怒られたり否定されたりした時に、元々 魂のトラウマが強いと

何でもかんでも自己否定に繋がる考え ( 自分はダメな子なんだ ・ 生まれてきてはいけなかったんだ ・この人は私のこと嫌いなんだ… など ) に繋げてしまって

ドンドン凹んじゃうんだけど、面白いくらい全然そうじゃなかった。



そういえば、いつも2人で「ママがやる!」「〇〇ちゃんがやる‼︎」って取り合いしてるからかなぁ^^;


自分がやろうと思ってたことが出来なくなるのが一番悲しい事だということが解ってるんだろうなぁ。



もしパパに怒られる原因が  全部「パパがそれをやりたがってるから」という解釈だったとしたら…

私の中で  また一つ、想像する楽しみが増えた(^^)


2019-07-20 01:55:01

前へ 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ